がんの初期症状と早期発見

テレビドラマの影響などで、がんにかかると死んでしまうというイメージを持っている人もいると思います。それは発見が遅れて重症化したときだけで、早期発見できればがんは治療可能な病気なのです。そんながんを早期発見するために、がんの初期症状について紹介していきます。
がんは悪性腫瘍が塊となって形成されます。よって皮膚のすぐ下に腫瘍ができた場合は、触って感じることができます。このようながんの代表例は乳がんです。乳がんは胸にしこりができます。乳がんは女性だけのがんではなく、男性もなる可能性のあるがんです。皮膚のすぐ下ではなく、管の形をした臓器に腫瘍ができた場合は、腫瘍によってそこを流れる物の通り道がふさがれ、閉塞症状が起こります。大腸に腫瘍ができた場合は、下痢や便秘といった症状が見られます。また、がんの初期症状の中には出血も見られます。胃にがんができた場合は、血が消化管を通過する間に酸化され、黒い便が出ることがあります。
このように、少しでもがんの症状が疑われる場合はすぐに病院で検査しましょう。