家内の肺がんの宣告から1年です

我が家の家内は40歳になった昨年、肺がんのステージ4を宣告されました。私自身が単身赴任をしていて、家内の異変、つまり疲れやすくなったり、咳が止まらないということに気づかなかったというところに後悔はあります。しかしながら、その宣告を受けた時の衝撃は人生で最も激しいものでした。
それは当事者の家内はさらにひどいものでした。
ちょっと調べたところで家内の症状であれば、5年生存率はほぼ0パーセントということもわかりました。
とこ露が主治医の先生によれば、分子標的薬が体に合うし、これからはどんどん新たな薬が特に難病である肺がんには開発が進むことが見えているので希望は捨てる必要はなく、逆に楽観的になりましょうというわけです。セカンドオピニオンとはいきませんでしたが知り合いの大学病院の戦士絵に聞いてもまずはこうした標準治療を試みることが一番だということもわかりました。
実際にあれから1年。家内の体調は変わりなく元気です。